弊社の借主様が、自己破産しました(19年夏号)

弊社で管理をしている倉庫で、今年3月末で自己破産した方の破産管財人(弁護士)と5月にいろいろ打ち合わせを行いました。
5月末で賃貸借契約は終了し、倉庫内の動産(品物)は貸主で処分することになりました。もちろん敷金は返却しない方向で話を進め、動産の処分費に充当しました。

自己破産した原因は仕入れを多くしたが、思ったほど売れ行きを伸ばせず、返済に窮し支払いが出来なくなった為です。やはり身の丈を考え、バランスよく経営することが大事だと、改めて考えさせられました。

賃料についても、賃貸保証会社を利用していた為、回収漏れもなく全額回収でき賃貸保証会社のありがたさが、よくわかりました。

破産管財人との交渉時に心強かったことは、貸主様が以前にも自己破産された方に倉庫を貸しており、経験があったことで落ち着いていらしたことです。
そのお蔭で、今回は非常にスムーズにいきました。(交渉は、全て弊社が行いました)
この様な事は、あまりない方がいいのですが、これもいい経験になります。

ご親戚や、知人の方に、土地、中古住宅、中古マンションを、売りたい、買いたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にご相談いただきますよう、御願い申し上げます。